人生考路

個人と社会のウェルビーイングを高める教育を探究する-京大准教授・山田剛史のブログ

大学教育研究フォーラム2019のアーカイブがアップされました

当センター主催の第25回大学教育研究フォーラムの個人研究発表の要旨(PDF)ならびに各種講演の動画(および配布資料)が、センターのウェブサイトにアップされました。

 

  • 個人研究発表(要旨)

アーカイブ(発表原稿) | 大学教育研究フォーラム

 

  • シンポジウム・特別講演・パネルディスカッション(動画)

第25回シンポジウム・小講演 | アーカイブ(動画) | 大学教育研究フォーラム

 

当方はシンポジウムにおいて「トランジションをどう理解し、学校教育の中に位置づけるか」と題して報告させていただきました。

 

山田 剛史「トランジションをどう理解し、学校教育の中に位置づけるか」 - YouTube

https://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/forum/movie/pdf/2018/Yamada.pdf

 

f:id:tsuyomickey:20190509022631j:image

 

30分という限られた時間で、かなりのボリュームの話をしたので、改めて聞いても「早いなぁ」「聞き辛かっただろうなぁ」と反省もありますが、自分的にはこれまでの教育改革への関与や教育研究を通して見えてきた課題を、今取り組んでいる研究と絡めながら一定整理することが出来たように感じています。

 

お時間があれば、ご視聴いただき、忌憚ないご意見・ご指摘いただければ幸いです。

 

ちなみに、来年のフォーラムは「2020年3月18日(水)・19日(木)」を予定しています。詳細は随時出していきますが、プログラムは一昨年までの形(従来の通り)になる予定です。