人生考路

高等教育開発を生業とする青年心理学者、山田剛史(京大准教授)のブログ

開星中高でのお仕事を終えて

島根県開星中学校・高等学校にて公開教育研究会のお務めを終えて帰ってきました。

 

とっても濃ゆくて有意義な時間を過ごさせてもらいました。

 

前日の夜は、学校の管理職の方々が食事会を開いてくれて、久しぶりの島根の夜を満喫しました。島根の地酒も美味しかったです。

 

f:id:tsuyomickey:20181023212311j:image

 

研究会当日、午前は研究授業の参観。4つの授業を行き来しつつ、SSHの一環で進めている科学探究の授業を中心に参観。午後は、参観した授業についての研究協議。なんと、島大時代にたくさんお世話になった大好きな先生、教育学部の松本一郎先生が来られていて、一緒に指導助言者として席を並べる機会に恵まれました。お会いしたのは島大を離れて以来だったので、8年以上前になりますが、すぐに昔のように打ち解け、話せる時間がある限りお話していました。本当に嬉しかったです。

 

f:id:tsuyomickey:20181023234718j:image

f:id:tsuyomickey:20181023234753j:image

 

その後、記念講演ということで、先生方向けに講演させていただきました。先生方、とても熱心でこちらも楽しませてもらいました。

 

f:id:tsuyomickey:20181023235028j:image

f:id:tsuyomickey:20181023235101j:image

 

講演会の後、同じく島大時代にお会いしたことのあった泉先生(現在は島大アドミッションセンターに)と3ショット。

 

まだ終わらない。終了後、先方の要望で、有志の先生方との懇談会。短い時間でしたが、参加された先生方からの質問に一つずつ答えていく中で私自身も勉強させてもらいました。こうして現場で実践して悩んでいることをたくさん伺えることで、私自身の血肉になっていきます。有難いことです。その模様を3枚のホワイトボードにびっしり書取ってくれました。感謝です。

 

f:id:tsuyomickey:20181024000633j:image

f:id:tsuyomickey:20181024000657j:image

 

色んな形で先生方と交流させてもらいました。楽しんでいただけたようで良かったです。僕としては、大好きな島根に何らかの形で恩返ししたいと思っていたので、少しでも島根県の教育の活性化に役立てたのであれば幸いです。

 

懐かしい松江市内を少し回って、一番好きだったお蕎麦屋さん(ふなつ)で、久しぶりに割子そばをいただきました。相変わらずの混み具合、安定の美味しさでした。

 

f:id:tsuyomickey:20181024001521j:image

f:id:tsuyomickey:20181024001545j:image

 

身体的にはハードですが、それを上回る充足感があります。貢献させていただきながら、自分自身を成長させてももらえる、本当に有難いことです。

 

みなさま、お世話になりました!