人生考路

高等教育開発を生業とする青年心理学者、山田剛史(京大准教授)のブログ

キャンプ開き⛺️

今日は午前中の仕事を済ませて、午後から外出。週末出張だらけで、妻にも申し訳なかったので、急遽キャンプに行くことに。

 

以前(2月19日)ブログにも書きましたが、キャンプは今年の2月に初めて行ってからハマったのでした。

 

一般的にキャンプと言えば夏をイメージしますが、夏は行きません。虫が多いし、人も多いし、暑いし、いかにもアウトドアな感じだし。

 

基本的にインドア派なので、この寒くなってからの人の少ない時期にあったかいかっこして、焚き火なんかして、ゆっくり過ごす、まさに家がそのまま移動する、でも空気は澄んでいて星も綺麗で言うことなしですね。

 

今季はいつかなぁと思っていたら案外早いキャンプ開きでした。今回のキャンプ地は、京都府与謝野町にある加悦双峰公園(加悦双峰公園|ご予約は[なっぷ])。京都市内の自宅から、滋賀にいけば湖岸、丹後の方に行けば森林のキャンプ場と選択肢がたくさん。

 

今回はモカちゃんも一緒に。途中の道の駅「京丹波味夢の里」のドッグランでひとっ走り♪ ここは高速からも一般道からもアクセス出来て、特産品などたくさん販売されていて、いつ行ってもたくさんの人で賑わっています。

 

さて、現地に着いたらまずはテント張り。冬に購入した直径5mのワンポールテント。なかなかの大きさです。

 

f:id:tsuyomickey:20181014221720j:image

 

まだ慣れてないのもあって、設置には20分くらいかかります。汗だくです。

 

f:id:tsuyomickey:20181014221845j:image

 

テントを張ったら、テーブルやらイスやらを出して、食事の準備。妻が準備してくれている間に僕は薪割りして、焚き火の準備。これがなかなか油断するとすぐ鎮火しちゃうので、ファイヤーマネジメントが大変。

 

f:id:tsuyomickey:20181014222423j:image

 

山間部で夜にもなると大分寒いです。焚き火をたいて、食後にあったかいコーヒーを入れて、ゆっくり空を見上げる。

 

f:id:tsuyomickey:20181014222522j:image

 

ひとしきりしたらテントの中に入って、ベッドを膨らましたり、夜食を食べたりしながら、虫たちの音色をBGMにまったり過ごす。

 

準備や片付けはちょっと骨が折れるけど、この時間・空間がとっても気持ち良いです。

 

今年はどこに行こうかな~☆彡.。

 

キャンプ好きの方がいたら、色々と情報交換出来たらいいな(^^♪