人生考路

高等教育開発を生業とする青年心理学者、山田剛史(京大准教授)のブログ

緊張した~

私が所属する京大センター(京都大学高等教育研究開発推進センター)において、大きく3つの顔があります。

 

1つ目は、高等教育教授システム研究開発部門員としての顔で、主に教育制度改革支援やFD(プレFD含む)を担当しています。

 

2つ目は、教育学研究科(高等教育学コース)の兼担教員としての顔で、修士課程から博士後期課程まで大学院生の教育・研究指導にあたっています。

 

3つ目は、教育アセスメント室員としての顔で、主に大学評価や教学IR、学習アセスメントを担当しています。

 

この3つ目の顔としてのお仕事が今ものすごく忙しいです。第三者評価対応を中心とした大学評価関連業務はもとより、部局ニーズに対応した教学IRやアセスメントの支援や協働が増えてきています。これはとても重要だし、様々な部局の状況も伺いながら進めるのですごく勉強になっています。

 

これらに加えて、センターが多くのエフォートを割いて取り組んでいるMOOC(KyotoUx - Free Courses from Kyoto University | edX)やSPOC(学内版MOOC)などのICTを活用した教育のアセスメント業務も担当しています。例えば、MOOCのコースが終了したら、edXのサイト等からログデータやプレーポストのサーベイデータをDLして、それらを元にコースレポートを作成し、制作スタッフと一緒に担当教員の元に伺い、フィードバックを行います。演習問題の正答率なども見ながら、今後に向けた検討を行います。手間はかかるけど、とても大事なプロセスだと思います。

 

今日のフィードバックのお相手は、MOOC制作第1号に名乗り出てくださった山極総長でした。総長室に始めて入ったし、さすがに緊張した~。

 

f:id:tsuyomickey:20181011030810j:image

 

忙しいのに申し訳ないなぁという気持ちをよそに、こちらが提示したデータを見ながら、面白いね~と何度も言っておられた。あっという間の1時間。

 

京大に来て色んな先生方とお話する機会があるけど、総じて「好奇心」の強い方が多いです。自分の専門にしか興味が湧かない先生方も世の中にはたくさんいるだろうけど、僕が素晴らしいなと思う人は、色んな物事に興味を持っていて、純粋に新しいことが知れることを楽しんでいます。

 

やっぱり、「好き」「楽しい」は人の学びと成長を支える最も大切な原動力なんだと思います。

童心に帰る

今日は査読3本以外は仕事しない、夜にするから、と決めて、日中は妻とデート。(日付変わったけど、ちゃんとやりました)

 

2011年に廃校になった旧質美小学校@京丹波町までドライブ。現在、質美笑楽講として、色んなショップが入ったスポットにリノベーション。今日は閉まっているお店も多かったのだけど、昔懐かしい雰囲気に触れられただけでも楽しかった。

 

f:id:tsuyomickey:20181009012020j:image

 

運動場に置いてあったタイヤを見つけて、調子に乗って玉乗りしたら、思いっきり転んだ。そんな奇跡の瞬間をパシャり。

 

f:id:tsuyomickey:20181009011843j:image

 

f:id:tsuyomickey:20181009011855j:image

 

f:id:tsuyomickey:20181009012555j:image

 

こういうのたまらなく楽しいね。

 

その後、近くの「塩谷古墳」へ。

すっごい気持ち良くて、思いっきりジャーンプ🎶

 

f:id:tsuyomickey:20181009012246j:image

 

その後、併設する道の駅「味夢の里」でお買い物して帰宅。

 

ハードな毎日だけど、こうした時間はとても大切。

 

「仕事も遊びも全力で楽しむ」

 

僕の人生のモットーです(*^。^*)v

恩師、溝上先生との出会いと感謝

あさがおMLなどで報告され、多くの方がSNSでも話題にされていますが、同僚だった溝上慎一先生が京大を退職され、神奈川にある桐蔭学園に移られました。

 

その経緯を記した新書の「あとがき」には、僕とのことについても触れてくれています。その内容は、以下の通りです。

 

-----

教育アセスメント室の仕事を一緒にしている山田剛史准教授。山田さんは、非公式には私の一番弟子にあたる。彼が大学院修士課程の時に知り合って、その後インフォーマルにずっと心理学の指導をしてきた。私が講師の時、彼は博士課程を終えたので、教務補佐員としてセンターに呼んだ。その後、島根大学愛媛大学で講師、准教授を務め、京都大学に准教授として戻ってきた。


彼との笑い話がある。彼が教務補佐員のとき、「今日は徹夜でこの報告書の原稿を仕上げような」と言って、ホテルに一緒に泊まり込んだことがある。夜食を買いにコンビニへ行った。彼が「徹夜するなら眠眠打破を飲んで気合いを入れましょう」と言うので、それを買って一緒に飲んだ。そういうものを飲み慣れていなかった私は、飲んだ直後気分が悪くなり、部屋に戻ってそのままバタンと倒れて寝てしまった。彼は自分の部屋で翌朝まで頑張った。朝私の部屋に来た彼は、「あれー、寝てる」と言って呆れていた。彼と酒を飲むと、いつも思い出す忘れられない二人の思い出である。

 

もうあれから二〇年。山田さんも全国区の一人前の研究者になった。もう少しそばで指導をしてあげたかったが、その必要はもうないだろう。彼の活躍を心から祈っている。

-----

 

素直に嬉しいです。このあとがきで僕と溝上さんとの関係を知った方もおられるようですが、自分的にももう少しこのブログで振り返ってみたいと思います。

 

★出会い(2001年の夏)

僕がM2の時。正確にはM1の6月に連絡するも、オランダにサバティカルに出たばかりで会えなかった。(溝上さんの研究との出会いについては、京大の図書館が刊行している雑誌『かりん』(https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/229501/1/010.pdf)のpp.12-13に書かせてもらっています)。溝上さんが帰国後、教育心理学会のシンポジウムに登壇していて、僕はフロアで聞いていた。質疑応答の際、フロアの先生からの質問にフリーズしていたのを見て、何を血迷ったか僕が手をあげて「今の質問はこういうことですよね。溝上先生はこう答えたいのではないでしょうか」と話し、溝上さんは「そうそう、その通りです」と。その後、僕のところにお礼を言いに来てくれた。そこで、僕が(1年前に連絡していた)山田です、と。

 

今思えば、何と生意気な院生だったことか。でも、溝上さんに与えた第一印象のインパクトは大きく、その翌月から、非常勤先のTAをやらせてもらうことになり、毎週授業後に阪急の駅構内でお昼を食べながら色んな話を聞かせてもらった。

 

★運命の歯車(2001年の秋)

僕は就活をし、内定もいくつかもらっていた。修士で終えて働くつもりだった。経済的な余裕は元々無かったし、何より博士課程に行く力はないと思っていた。

 

M2の11月、毎回出ていた梶田叡一先生の主催する自己意識研究会にいつものように参加し、懇親会で溝上さんに「今までお世話になりました。研究は修士までで就職します」と話した。怒られた。「何を言ってるんだ!研究の道に進むと思って、こっちは待ってるんだ!」と。その時、結構な力で殴られた左肩の感触を今でも覚えている。

 

出ていた内定を辞退し、そこから博士課程にチャレンジする意志を固め、進学することになった。

 

★ひたすら研究に打ち込む(2002年4月~)

博士課程進学後は、腹を括ってストイックな院生生活を送ることになる。経済的事情から3年での学位取得はマストだったので、かなり飛ばした。

 

その間も、溝上さんからは常に刺激や支援を受けていた。京大センターでRAや技術補佐員などの立場で仕事をさせてもらったことも、その後のキャリアに影響を与えている。丸3週間溝上さんの家に住み込みで仕事をしたこともある。そんな経験をしたのは後にも先にも僕くらいだろう。

 

僕より優れた院生は山ほどいただろう。でも、溝上さんは僕に関わり続けてくれた。いつも、「見る人は見てるから、腐らず頑張ろう」と励ましてくれた。週7でバイトをしながら、死に物狂いで論文を書き、投稿し、それらを博士論文にまとめ、公約通り3年で修了した。壮絶だった。いま思い出しても吐き気がする。

 

★高すぎる壁(2005年4月~)

大学院修了後は、京大センターで教務補佐員としてお仕事をさせてもらった。その経験が活きて、島根大学愛媛大学と地方国立大学の大教センターでおよそ9年間奉職することになった。

 

大学院時代も基本的には論文を見てもらうなどの細かな指導を乞うたことはなかった。あまりに自分にとって影響力が大きすぎて、飲み込まれてしまって、自分らしさを見失ってしまう恐怖心もあった。自分が良いなと思いついたことが、もう1段2段上の水準から位置づけられてしまうことも実際しばしばあった。

 

8歳しか違わない溝上さんの研究力、執筆のスピードは凄まじく、自己嫌悪に陥ることはしょっちゅうだったし、彼の存在がある限り、どれだけ頑張っても離れていく無力感もあった。物理的に離れたのは良かったと思う。地方に行って、何にもないところで、一から自分なりの仕事を創り出した。その中で、それまでの自分を相対化出来たし、(ずっと京大にいる)溝上さんが経験していない世界を体験出来た。結果、彼の脅威に脅かされる日々は減っていった。

 

それでも僕を育ててくれたことへの恩義は忘れたことは無かった。僕に出来るお返しは、研究者としてしっかりと成果を残すことであり、そのためには、地方にいながらも都市部との接点を持って全国的なフィールドで活動することを常に意識していた。

 

★同じ職場の同僚として(2015年4月~)

有り難いことに京大に戻る機会、溝上さんと数メートルの距離で働く機会を再び得ることが出来た。一緒に仕事をするようになって、自分がこの9年で成長したことを実感することが出来た。仕事に関して言えば、「山田くんのようにはよう出来へんわ」とよく言われた。

 

ただ、研究面での距離感は依然として大きい。自分が力を入れてきたことは無駄だと思っていないので、以前のように自信を喪失することはなくなったけれど。京大では、ここをしっかり強化したいし、その意志を持って異動を決心した。

 

結局、一緒に仕事が出来たのはほぼ3年半。かなり前から異動の話は聞いていたので(おそらく一番早く伝えてくれた)、心の準備をしつつ、急増する学内業務に対応し、自分が回せるよう体制を整えてきた。その間も、色んな話をした。正直、仕事の話はあんまりしていない。研究の話、中学・高校の教育改革の話など、溝上さんと話をするとそのスケール感にいつもワクワクして、よし頑張ろう!という気持ちになった。

 

 

溝上さんは、常に僕の前を全速力でかけていく。その背中を必死で追いかけながら、気づけば自分もそれなりに走れるようになった。僕にとっては、手取り足取りの指導より、この形がとても気持ち良かった。

 

今回の異動(挑戦)については、色んな形で個人的にも話を聞かせてもらっていたし、100%納得のいく決断だと思っている。寂しさはない。これからが楽しみでしようがない。僕は僕で挑戦をしていく。めいいっぱいやりたい。そして、ちゃんと溝上さんにも届くような成果を出していきたい。

 

もう出会って20年になるのか。

 

溝上さんと出会わなければ、激をかけてもらわなければ、僕の大学教員としてのキャリアは間違いなく無かった。どうなっていただろうと思うとゾッとする。本当に感謝してもしきれない。

 

 

ここまで関わり続けてくれて、育ててくれて、本当にありがとうございました。

 

京大での長らくのお勤め、本当にお疲れさまでした。

 

そして、これからの新たな旅立ちが素晴らしいものになりますように。応援しています。

 

f:id:tsuyomickey:20181008041216j:image

(横浜に出発する前の最後の夜。よく連れて行ってくれたBARで語り合って、別れる直前の写真)

 

日本薬学会での講演を終えて

今日は、日本薬学会が主催する「第4回若手薬学教育のためのアドバンストワークショップ」(於:クロス・ウェーブ府中)で教育講演を行ってきました。

 

https://www.pharm.or.jp/kyoiku/

 

この取組は、全国にある74の薬学系大学・学部、病院や薬剤師会から若手教員・実務関係者が一堂に会して、3日間集中的に研修を受けるというもの。

 

学会が音頭を取って、こうした取組を進めているのは素晴らしいことだと思います。実際には、運営のためのタスクフォースを構成し、その先生方が中心となって、3日間の研修を設計・実施しています。みなさん、とても熱心で、感動を覚えます。

 

なお、このWSの学生版もあって、同様に全国74大学から1人ずつ学生が集まって、学生から見た薬学教育の現状と課題、理想について検討しているとのこと。今回の教員向けWSでは、その時の検討結果のフィードバックもしながら進められています。素晴らしいですね。

 

お昼は、コーディネーターの先生と厚生労働省の方とランチを取りながら薬学教育や薬剤師の実態等についてディスカッションしました。

 

学内でも様々な部局の教育支援に携わっていることもあり、最近は一般的な質保証のみならず、分野別の質保証を強化しつつあるので、こうした機会はとても有り難いです。

 

その後、午後一に「高大接続改革とアクティブラーニングの推進~教育の質的転換と内部質保証の動向も踏まえて~」と題して講演を行いました。

 

講演終了後、ご丁寧に感謝状なるものをいただきました。こうした形でフィードバックされることはなかなかないので、嬉しかったです。

 

f:id:tsuyomickey:20181007164241j:image

 

f:id:tsuyomickey:20181007171618j:image

 

大学を取り巻く状況は厳しさを増すばかりですが、上から降ってくる改革案に無批判に迎合するでも、全否定で反発するでもなく、個々の大学を超えて学協会等とも協力しながら、この状況を乗り越えていきたいですね。

 

そんな可能性を薬学会の取組から感じることが出来たのが最大の収穫でした。

 

濃い~金沢出張を終えて

昨日は1日、北陸大学@金沢でのお仕事でした。

 

北陸大学は、近年教育改革に積極的に取り組んでいる大学の1つで、以前から注目していました。

 

それにしても、めっちゃ濃い~1日でした。

 

f:id:tsuyomickey:20180923100945j:image

(広くて気持ちのいいキャンパス。対照的に、睡眠不足がバレバレのひどい顔やな、、)

 

午前中は、授業アンケート(北陸大では学修アンケートと呼称)を中心とした外部評価。副学長、学部長、事務局関係者らとディスカッション。

 

お昼は、理事長・学長、副学長、学部長らとのパワーランチ。

 

ここまででも結構濃ゆい。

 

この後がメインの研修会。時間は13時~17時の4時間。これくらいの時間の長さ自体はそんなに大変ではないのだけれど、テーマと対象者の組み合わせが難しかった。

 

f:id:tsuyomickey:20180923100916j:image

 

教員がメインと聞いていたので、4学部100名強であればそう大変ではなかったのだけれど(多少の職員には教員グループに入ってもらう予定だったけど)、前日の夜に「職員が50名ほど参加します」と連絡があって、まぢか、さすがにそれは教員グループに混ぜるわけには、ということで急遽行きの特急の中で職員向けの個別ワークを設計することに。

 

蓋を開ければ、教員100名強、職員60名が一同に会してのオール北陸大学スタッフ対象のワークショップに。

 

全教員対象というのはよくあるけど、全職員というのは、しかも全教員と同時というのはさすがに未経験。

 

しかも、「学習成果アセスメント」(アセスメントプランの策定)がテーマの研修。1つの会場内で、全体講演、個別課題での分割ワークショップ(グループ内、グループ間共有)、全体共有という流れで設計。

 

f:id:tsuyomickey:20180923102154j:image

 

結果的にはとっても盛り上がりました。

 

大変だけど、予め全て決めて予定通り進めるより、その場の雰囲気や空気感を見ながら、次どうしようかなぁとその都度設計・再設計するのがとても楽しい。

 

この週は、自分が統括する全学の新任教員教育セミナーがあったり、大学院入試や締切の原稿執筆、学会の仕事があったりで、かなりタイトだったので、体力の前借りをして、ここまで乗り切る。

 

f:id:tsuyomickey:20180923102809j:image

 

でも、金沢の1日はまだ終わらない。

 

金沢駅に移動して、有志の教職員のみなさんとの懇親会。最近、こういう機会が減っているので(平日だと泊まりが厳しいのもあるので)、久々に楽しく飲みました。

 

f:id:tsuyomickey:20180923103147j:image

 

やる気のある熱い教職員のみなさんと話せるのは、とても嬉しくこちらも元気をもらいます。

 

またお会いしましょう。

 

京都に帰るサンダーバードの車中にて。

 

 

夏期の集中ゼミ

今日は朝から夕方まで夏期の集中ゼミをやりました。

 

院生も少しずつ増えてきているので、個別指導に加えて、月1でのゼミ、そして夏期と冬期の2回は集中ゼミをやることにしています。

 

合宿形式とか、ゆくゆくは他流試合の合同形式とかもやれたらなと思います(やってもいいよ!という方がおられたら、ぜひご一報を)。私としては、色んな人と色んな場面で互いの研究について発信して議論して高め合っていって欲しいと思っています。昨今、院生も業績主義や効率的な研究の実施が求められがちですが、めいっぱい悩んであがいて欲しいですね。

 

なかなか予定が詰まっていて泊まりは難しいのだけど、せっかくなら環境を変えようということで、吉田泉殿(吉田泉殿 — 京都大学)でやりました。あんまり知られてないようですが、本学教職員であれば無料で自由に使える施設で、かなりいい感じです。

 

f:id:tsuyomickey:20180822233943j:image

 

f:id:tsuyomickey:20180822233952j:image

 

全員参加は叶いませんでしたが、自分にとっても有意義な時間でした。やっぱり研究の話は楽しいですね!自分ももっと頑張らないと!

徳島県教育委員会の研修を終えて

今日は日帰りで徳島出張でした。

 

徳島県教育委員会主催の教員研修を担当してきました。

 

徳島県内42の高等学校(定時制通信制も含む)の、各学校から指名された教員が集まる研修会で、3時間の講演+ワークショップを行いました。

 

f:id:tsuyomickey:20180608013445j:image

 

こうした取組は大事だなと思います。学校を超えて問題を共有しながら、自分の学校で出来ることを考えていく。実践して、またその成果を共有し合う。

 

組織を超えたPDCAサイクルを、教育委員会がハブとなって実現させていく。こういうところに関わらせてもらうのは、個別の学校に研修に行くよりよほど効果的だし、割けるリソースが限られているこちらにとっても効率的で有難い限りです。

 

帰りにいただいたお土産(阿波名物の葡萄のお菓子)。渡す時に「心ばかりですが、中に1億円入れさせてもらっています」と言われ、急に関西風の冗談キターと思って、家に帰って開けてみたら...

 

入ってるやないの!

 

1億円!

 

f:id:tsuyomickey:20180608014343j:image

 

大切に使わせていただきます。

京産大のキャリア授業を担当して

昨日は京都産業大学が実施しているキャリア教育科目にお呼ばれして行ってきました。

 

このキャリア教育科目、なかなかレアなもので、全員必修科目とか選択科目とかそういうのではなく、「低単位取得者」に対して実施される科目になっています。

 

その名も「キャリア・Re-デザイン」

 

授業の設計や運営には、F工房(ファシリテーションを専門に行う学内組織)が関わっています。

 

その授業の一環で、「社会人との対話」というものがあり、そのインタビュイーの1人として行ってきました。

 

学生らを1グループ4~6名に分けて、1教室に2〜3グループ、それが4教室(4クラス)に分かれます。そこに色んな業種、立場の社会人が各グループに行って、彼らからのインタビューに応じたり対話を行ったりします。1セット40分で計3セット行います。彼らはどんな人が来るか知らされておらず、その場での対応にベストを尽くし、後でしっかり振り返りを行うことになっています。こちらも準備はしません。

 

事前の打合せ時に、主担当教員の鬼塚さんから「学生から1を聞いて10答えるようなことはしないで下さい」とだけ伝えられました。これは結構大事なことだと思います。

 

結果的にとても楽しかったです。

とてもいい学生たちでした。

 

特に、大学教育改革に携わる身として、単位を十分に取れていない学生(大学的には劣等学生と位置づけられてしまいがちな学生)が、どのような想いで入学し、学生生活を過ごしてきて、いま何を感じているのか。なぜ、このような状況に至ったのかについて色々と聞くことが出来ました。そしてそこには大学教育(授業)への期待と失望の落差が相当あること、それがある種の諦めや逃避へとつながっていることも改めて知りました。

 

変わるべきは教員か学生か。ニワトリと卵の関係になりがちな問題ですが、やはり大学教育の課題はまだまだ大きいなと痛感しました。

 

低単位取得学生らに対して、個別の履修指導やメンタリング、補習もいいですが、教育(授業)という形で積極的に捉え直すような取組はとても効果が高いと思いました。

AIR Forum 2018に参加して

先週は丸々1週間、米フロリダで開催されたAIR Forum 2018に参加してきました。

 

AIR Forum 2018

 

AIRとは、Association for Institutional Researchの略で、半世紀以上の歴史のあるIRに関する世界最大の専門家団体です。AIR Forumは、米国を中心に世界からIRに携わる実務関係者や研究者、管理者や企業の担当者などが集まる年次大会です。

 

僕は、2年前のニューオーリンズで開催された時に初めて参加して、今回は2回目でした。

 

f:id:tsuyomickey:20180608000800j:image

 

日本ではまだ歴史の浅い、しかしながら政策的にも重要視されていて、多くの大学が試行錯誤で取り組んでいるIR。課題も多く、大学内部では実施に様々な障壁もあって、実践はもとより研究面でも蓄積があるとは言えません。

 

その点、IRの発祥国であり歴史がある米国では、実践レベルでも研究レベルでも相当の蓄積があります。

 

現地に行って参加するメリットは、色んな発表が聞けるのはもちろんですが、いまIR関係者にとって重要な課題は何なのか、どんな発表に参加者が集まるのか、共通する思想や概念、また頻発されるキーワードは何なのかなど、論文やインターネットだけでは分からない空気感などの非言語情報も含めた色んな情報を受け取ることが出来ます。

 

これは必ずしもこのAIRだけではありませんが、米国の教育・研究者が多く挙げるキーワードとして、"Student Success"や"Well Being"、(Student) Engagement"があります。これは私自身の研究テーマと深く関わるものなので、様々な実践、研究の中でこれらが共通の目標概念として据えられているのを確認できるのは大変力になります。もちろん日本でも喫緊の課題である"Learning Outcome"は頻出語ですが、その上位あるいはそのプロセスに位置づく概念として上記のものが入っているのが印象的です。これは教育改革を進める上で、日本と米国の重要な違いを産み出すことになっていると思います。

 

また、今回聞いた発表の中で目からウロコだったのは、下記のものでした。

 

f:id:tsuyomickey:20180608002420j:image

 

この発表以外にも何度か目にしたキーワードの1つが、"Sence of Belonging"(所属感)でした。この発表では、このSOBの構造や機能について調査し、成績やリテンションとの関連を検討したものでしたが、様々なアウトカム/アウトプット指標に最も影響するというものでした。

 

これは私自身がエンゲージメント研究で重視している情緒面での指標の1つになりうるもので、これは是非、エンゲージメント科研の中でも調査したいです。

 

海外の学会では、偉い人(業界の有名人)が行うKeynote Speechなど、登壇者がスライドも資料もなくフリーに語り合うというセッションが結構多いですが、これを理解するためにはかなり日常的に彼らの動向を見たり、米国の文脈を理解していないといけないなと思います。個人的には、データや理論、モデルをちゃんと示してくれるので、個人研究発表の方が好きかな。

 

日本から乗り継ぎを含めると20時間以上かかるので、とっても疲れましたが、頑張っていくだけの価値はあるなと思いました。

 

来年はデンバーだとか。

 

引き続き、日々精進あるのみ!

 

多様性の中で生きるということ

先日、普段あまり見ない民放を付けたら「奇跡体験 アンビリバボー」をやっていた。

 

「奇跡の会社 日本一幸せな従業員とは?」という見出しが気になり、チャンネルを切り替える手を止めた。「幸福(感)」というものに対して、個人としても、教育研究者としても日に日に強い関心を持つようになってきている。

奇跡体験!アンビリバボー:奇跡の会社 日本一幸せな従業員とは? - フジテレビ

 

そこで取り上げられていたのが日本理化学工業という会社だ。チョークを製造する会社で、国内最大のシェアだそうだ。会社概要はさておき、この会社の最大の特徴が、多くの障害者を従業員に抱えて発展してきているということだ。全社員85名中63名、約7割以上が知的障害者で構成されている。

 

番組では、この会社が何故、どのようなきっかけで障害者を受け入れるようになったのが、創業者のインタビューも交えながら紹介されていた。

 

さまざまなトラブルを経験している。こういってはなんだけれど、想像に難くない。会社経営という観点からすれば、どうしても困難な部分が生じてしまう。

 

そうした中で、それでも雇用し続けて、なおかつ利益を上げ続けている。

 

何故か?

 

答えは単純だった。障害があるから普通なら出来ることが出来ない、だから排除する、という考え方に帰属させるのではなく、その人がどうすれば出来るようになるかを周囲の人が考え、そのための道具を考案したり環境そのものを変えたりする。

 

そうすると、出来なかったことが出来るようになる→周囲から認めてもらえる→自分が役に立てていると感じる→嬉しい→もっと貢献したい→頑張る→結果が出る、という流れが出来上がる。

 

2月24日のブログ(「発達障害を有する学生の実態と移行問題」)で書いた「医学モデル」から「社会モデル」へのパラダイムシフトの典型例と言えよう。

 

取組内容については会社ホームページにも詳細が記されている。

障がい者雇用の取り組みについて/日本理化学工業株式会社

 

教育研究に携わる者として、この取組にとても感銘を受けたと同時に、学校の中でこうした障害を持つ子ども(障害を持たずともマイノリティとして生きづらさを感じている子ども)が幸せに学び成長していける環境をどうすれば作っていけるかを考え、実践していかないといけないと強く感じた。

 

多様性の理解、多くの教育機関が目標の一つに掲げているけれど、どこまで出来ているのだろうか。

 

例えば、具体的な例で言うと、自身が関わっている中学、高校、大学の教員あるいは学生から、「障害を持つ学生や協同作業に支障を来す生徒・学生がいるためにアクティブラーニングなどグループワークが上手くいかない、別々にした方が良いのでは、関われない子は仕方ないのでそのまま進めて良いか、そうしてはいけないのか」という声を聞くことが少なくない。

 

僕はこの答えに迷うこともあった。もちろん、大筋として、上記のような対応についてはNOというのが回答だ。

 

何のためのグループワークなのか。社会に出れば色んな人と協同しながら仕事を進めないといけない。自分がやりやすい人とだけで出来る仕事なんて存在しない。色んな人がいるから、色んな考えが知れるし、新たな発見も出来る。その楽しさを体験して、多様性という渦の中に飛び込んで欲しい。

 

こうした経験をたくさんさせてあげるのが教育機関の役割なのだと思う。そんな子どもたちが社会に出て、日本理化学工業のような会社を創っていってくれればどんなに明るい幸せな社会になるのだろう。

 

経済成長という切り口だけで突っ走って息切れして疲弊感が蔓延する中で、さらに業績主義や管理主義が徹底されていく現状を打開するのは、上記のような思想に基づく教育の創造なのではないだろうか。

 

つい堅苦しく大袈裟な話に広げてしまったけど、要はとっても感動したという話。

 

小さな声でも一歩ずつ自分に出来ることを精一杯やっていこう。

 

行ってきました!アーカイブス展☆

昨日は久々のオフ。

 

ということで、今週11日(水)から大阪で始まった「ウォルト・ディズニーアーカイブス展」に行ってきました。

 

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~| 大丸ミュージアム<梅田>

 

何を隠そう大学教員界でも屈指のディズニー好きのわたくし。国内外のパークやキャラクターはもちろん、映画や音楽、ミュージカルまで何でも好き。研究室にもグッズがたくさんあります。でも、もう5ヶ月近くパークに行けていないので、禁断症状が出ている今日この頃。

 

先日、ディズニーチャンネルで録画していたD23 Expo Japan 2018の特番で、その会場で販売されていたグッズも販売されるアーカイブス展があるとの情報を得て、心待ちにしていました。

 

最初の週末だけあってそれなりに人は多かったものの、ゆっくり観ることが出来ました。いつ触れても、ディズニーの素晴らしさ、それらをゼロから創りだしたウォルトの偉大さを感じずにはおれません。

 

f:id:tsuyomickey:20180415144335j:image

(ウォルトの仕事部屋)

 

グッズもいっぱいあって、悩みに悩んだ末、これぐらいで我慢しました(๑ ́ᄇ`๑)

 

f:id:tsuyomickey:20180415144517j:image

(戦利品)

 

今日からディズニーランドは開園35周年。テーマは「Happiest Cerebration!」。長らく楽しませてくれたデイパレードの「ハピネス・イズ・ヒア」も幕を閉じ、「ドリーミング・アップ」がスタートするし、新しい企画も目白押し。

 

これはもう行くしかないですね!

(いつ行けるかなぁ、、)

 

ウォルトのように夢を与える仕事がしたいなぁと、現実の仕事との距離の大きさに遠い目になりつつ、上を向いて歩いていこう!

山田研究室、始動です!

今日は、2018年度の山田研究室の顔合わせ会を開きました。

 

立場上、高等教育研究開発推進センターで学内の教育改革・改善支援を行うことと、教育学研究科の高等教育学コースで大学院生の教育・研究指導を行うことの2つのミッションを有しています。

 

これは、今まで勤めてきた島根大学愛媛大学の大教センターでは得られなかった経験で、教育開発と研究指導を架橋し、これからの大学教員を育てるという意味でも大切な役割を担っていると考えています。

 

うちの研究室は、私自身の研究のスタンスとも関係して、実践に根ざした研究、実践への還元を意識した研究を志向する学生が多くなっています。

 

結果的に、大学で外国語教育を専門とする教員や看護教育に携わる教員、ファシリテーションに携わる専門職員など社会人経験者も多く、また、経済学を専攻してきた院生やリーダーシップを学んできた留学生など、本当に様々なバックグラウンドを有した方が集まります。

 

なので、研究室のメンバーには大いに知的交流を行って、互いに高めあって欲しいと思います。変な囲い込みは嫌いなので、学会など積極的に外に出て、発表して、コメントをもらって、大いに凹み、悩み、もがいて欲しいです。

 

将来的に研究者にならないにしても、その過程で得られることは大きいし、そうなるように研究室運営を行っていきたいと思っています。また、自分もその渦の中に入ってともに成長できれば嬉しいです。

 

f:id:tsuyomickey:20180412012315j:image

 

そんな研究室で学んでみたい方、山田までご一報を。

 

改めて、2018年度、気を引き締めて頑張るぞ!